Hadoop Times http://www.hadoop-times.com Hadoopを企業で扱うための企業で扱うための情報サイト Wed, 24 Jun 2015 23:36:39 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.9.1 事例も参考に:IoT/M2M基本講座 ~全体図から個々の必要なことまで~ http://www.hadoop-times.com/event/iot-m2m-2015-07-24.html http://www.hadoop-times.com/event/iot-m2m-2015-07-24.html#comments Wed, 24 Jun 2015 04:53:46 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1892 iot-m2m-logo
world-iot-m2m

【日時】 7月24日(金)14:00~17:00(13:30開場)
【主催】 三菱電機インフォメーションシステムズ(株)
【共催】 Talend(株)、マップアール・テクノロジーズ(株)、データキュレーション(株)
【参加費】 無料(事前登録制)
【定員】 40名
【会場】 新丸ビルカンファレンススクエア Room902A
東京都千代田区丸の内1-5-1新丸ビル9F

 
今日、あらたに取り組むべきデータ活用の中でもIoTやM2Mといった分野は、リアルタイム性やストリーミングといった新しい仕組みやテクノロジーを必要とします。収益向上や売上向上といった攻めのデータ活用だけでなく、歩留まり向上や品質向上、セキュリティといった「守り」のデータ活用にも活かせます。当セミナーでは、今回はIoTに焦点を絞り、データ分析に特化したデータキュレーション社や実際にIoT関連システムを運用している三菱電機社にも登壇いただき、今の分析環境を活かした形でIoTを意識した今後の分析ニーズに応えられる基本的な事項にも触れながら解説・ご紹介いたします。

【アジェンダ】
14:00-14:40 【Data Curation】
「ビッグデータ活用に向けたデータ統合の課題と解決」
データキュレーション株式会社 代表取締役/チーフキュレーションオフィサー 寺澤慎祐

データ活用をしたい! データは蓄積している! データ統合ツールもある!三種の神器が揃っているのに、データ指向 なビジネスが進まないのはデータの量、データの種類、データの発生タイミングなどいくつかの要因があります。
本セッションでは、IoTやM2Mで急増するビッグデータの活用における課題と解決についてご紹介します。

14:40-15:20 【MapR】
「既存DWHを活かしてIoTに対応!どの企業でも可能なDWH Modernization」
マップアール・テクノロジーズ株式会社 ディレクター 三原 茂

リアルタイムやストリーミングといったキーワードが飛び交うIoT。従来のRDBMSだけでは対応しきれない時代がやってきました。実際どういうユースケースがあるのか、IoTに対応した分析基盤やデータ活用基盤とはどういうものか。
今のシステム資産を活かしてどうそのIoTへの対応していくかを事例も交えながらご紹介します。

15:35-16:15 【Talend】
「IoT・ビッグデータ時代の次世代型データ統合基盤」
Talend株式会社 セールスマネージャー 赤羽 善浩

従来のオンプレミスシステムを対象としてきたETL基盤は、ビッグデータやIoTの時代を迎えるにあたり、無用の長物と化してきました。
昨今のトレンドであるWebAPIやビッグデータ統合といったテーマへ柔軟な対応が可能な次世代型の統合基盤をご紹介します。

16:15-16:35 【三菱電機】
「三菱電機のクラウド基盤~DIAPLANET~でのIoT監視・制御システム活用例」
三菱電機株式会社 インフォメーションシステム統括事業部 課長 伊藤 正裕

三菱電機は、IoTおよびM2M技術を利用して、複数の家電製品や産業用機器の遠隔制御、稼働モニタリング、エネルギー管理などを実行スマート制御クラウドサービス「DIAPLANET(ダイヤプラネット)」を運営しています。
当セッションではDIAPLANET上に構築したIoT監視・制御システムの活用例をご紹介します。

16:35-16:55 【MDIS】
「マルチテナント利用を実現する大規模データ分析共通基盤の構築」
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 産業第三事業部 課長 福島 愼一

三菱電機インフォメーションシステムズは、高速化や高信頼性に加えてマルチテナント運用向け機能を持つHadoopディストリビューションであるMapRを用いて複数用途のサービスを共存させるマルチテナント構成による運用方法の確立に取り組みました。クラウドサービスに適するマルチテナント構成のHadoopクラスタ構築と運用面でのポイントをご紹介します。

お申込みの前に

もし、会員登録済の方で、登録情報を変更されたい方は、ログイン後マイページより、手続きを行ってください。

]]>
http://www.hadoop-times.com/event/iot-m2m-2015-07-24.html/feed 0
MapR & Ciscoビッグデータソリューション http://www.hadoop-times.com/product/mapr-cisco-bigdata-solution.html http://www.hadoop-times.com/product/mapr-cisco-bigdata-solution.html#comments Thu, 18 Jun 2015 12:15:05 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1884 ビッグデータ活用ソリューション・パッケージ「MapR & Ciscoビッグデータソリューション」

Cisco_BD_Solution_title昨今、活用すべき、活用したいデータが増えています(Gartnerの調査では、年率40%増加)。従来のアプライアンス型のSANやNSAといったストレージでは、そのスケーラビリティやコスト効果に限界があります。

「MapR & Ciscoビッグデータソリューション」は、ビッグデータストレージ(ソフトウェアデファインドストレージ)としても分析用のHadoopとしても、DWHをビッグデータ時代に合った環境にする目的にもご利用いただける予め構成された便利なパッケージ・ソリューションです。

ぜひ、この機会にご確認ください。

]]>
http://www.hadoop-times.com/product/mapr-cisco-bigdata-solution.html/feed 0
【2015年8月開催】Hadoop Cluster Administration on MapR 4.X http://www.hadoop-times.com/event/jtp-2015-08.html http://www.hadoop-times.com/event/jtp-2015-08.html#comments Thu, 18 Jun 2015 08:42:08 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1879 2015/08/19 ~ 2015/08/21の3日間コース

コース名 Hadoop Cluster Administration on MapR 4.X
コースコード MapR-001
コース概要 このトレーニングコースでは実際にMapRクラスタのセットアップ、MCSよるクラスタ管理を体験いただけます。また、MapR独自の機能であるボリュームの作成やスナップショット作成、ボリュームのミラーリング設定などをハンズオンで実施します。このコースを修了すると、 MapR Certified Hadoop Professional: Administrator(MCHP: A)認定試験を受験することができます。
コース日程 3 日間 9:30-17:30
価格 240,000 円 (税別)
対象者 ・MapR Hadoopクラスタでビッグデータビジネスを行いたい方
・MapR Hadoopクラスタを構築、管理されたい方
言語 テキスト:英語
講義  :日本語
前提知識 一般的なLinuxのコマンド知識
前提コース 無し
コース詳細 ・MapR Hadoopクラスタの概要
・MapR Hadoopクラスタのインストール
・MapR Hadoopクラスタの管理
・ボリュームの作成
・スナップショットの作成
・ミラーボリュームの作成

受講お申込みはこちらから

]]>
http://www.hadoop-times.com/event/jtp-2015-08.html/feed 0
メディア掲載のご紹介「Apache Drill 1.0 の正式提供」 http://www.hadoop-times.com/trend/media-coverage-2015-06-11.html http://www.hadoop-times.com/trend/media-coverage-2015-06-11.html#comments Wed, 17 Jun 2015 11:15:19 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1872 2015年6月11日に開催された「MapR戦略説明会」。こちらのページでは各メディアにより掲載いただいた記事をご紹介します。

MapR、ビッグデータのためのスキーマフリーSQLエンジン「Apache Drill」

マップアール・テクノロジーズ株式会社(以下、MapR)は、MapRディストリビューションに含まれるスキーマフリーSQLエンジン「Apache Drill 1.0」の正式提供を、6月11日より開始した。ユーザーはApache Drillを活用することで、複雑なJSON形式などを含む幅広いデータタイプを、IT部門に頼らずに自力で準備、検索できるようになるという。
(クラウドWatch様)

MapR、ビッグデータ向けスキーマフリーSQLエンジン「Apache Drill」を提供

 「Apache Drill」は、事前のスキーマ定義を必要とせず、セルフサービスで利用可能なSQL分析機能を提供する。これにより、ビジネスアナリストがデータを検索し理解する時間を大幅に短縮するという。既存のトランザクションシステムからのデータであっても、新しいデータソースであっても、新旧を問わずあらゆるデータソースに対応する。
(EnterpriseZine様)

マップアール、SQLエンジン「Apache Drill 1.0」をリリース

マップアール・テクノロジーズは6月11日、ビッグデータのためのスキーマフリーSQLエンジン「Apache Drill 1.0」の提供を開始した。
この製品では、事前のスキーマ定義を必要とせず、セルフサービスで利用可能なSQL分析機能を提供する。これにより、ビジネスアナリストがデータを検索、理解する時間を大幅に短縮できるという。
(マイナビニュース様)

MapR、HadoopデータをSQLでアドホック検索する「Drill」を提供

マップアール・テクノロジーズでアライアンス&プロダクトマーケティングディレクターを務める三原茂氏は、HadoopとDrillを組み合わせれば「ビジネスが俊敏になる」と力説する。「Hadoopを使えば、非構造化データを含む多種多様なデータを大量に蓄積して扱える。ここでDrillを使うと、多種多用で大容量のデータを、標準のANSI SQLで探索できる。データを入れてから結果が出るまでの時間を短くできる」(三原氏)。
(ITpro様)

MapR、業界初のビッグデータのためのスキーマフリーSQLエンジン「Apache Drill 1.0」を提供開始

多くのパートナー企業が、積極的に「Apache Drill」の機能を取り入れ始めています。Information Builders、JReport (Jinfonet Software)、MicroStrategy、Qlik(R)、SAP、Simba、Tableau、TIBCOといった大手企業は、MapRや「Apache Drill」のコミュニティと密に連携し、標準のODBC/JDBCを通して「Apache Drill」とBIツールの相互運用を目指しています。これらの取り組みによりユーザーは、洗練された視覚化と強力な分析機能を利用できます。
(CNET Japan様)

]]>
http://www.hadoop-times.com/trend/media-coverage-2015-06-11.html/feed 0
6/18発売!「すべてわかるビッグデータ大全2015-2016」 http://www.hadoop-times.com/trend/978-4-8222-7993-6.html http://www.hadoop-times.com/trend/978-4-8222-7993-6.html#comments Wed, 17 Jun 2015 05:16:16 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1862 ビッグデータ分析基盤の最新動向がわかる!
機械学習や新世代BIツールに詳しくなる!
分析基盤構築のための製品・クラウドを一挙解説!

ビッグデータ大全ITエンジニアがビッグデータ分析システムを構築するために必要となる幅広い製品・技術の動向や活用方法を集約しました。
機械学習やビッグデータ分析クラウドといった先端技術情報を扱うとともに、ビッグデータ分析システム構築に必要な入門知識から実際の活用方法までを分かりやすく解説しています。

ビッグデータ分析クラウドサービス「Treasure Data Service」を活用してビッグデータ分析を行うための手順を詳しく解説するとともに、「SAP HANA」をはじめとする主要なビッグデータ分析基盤製品・クラウドの基本知識もこの1冊で分かります。

2014年発行の「すべてわかるビッグデータ大全」を全面的に刷新しました。

目次

【第1章】 ビッグデータ分析の基本知識
【第2章】 ビッグデータ分析の最新技術動向
【第3章】 ビッグデータ活用の秘訣
【第4章】 クラウドによる初めてのビッグデータ分析
【第5章】 ビッグデータ分析基盤の基本知識

ご予約(ご購入)はこちらから

]]>
http://www.hadoop-times.com/trend/978-4-8222-7993-6.html/feed 0
ブレインパッド、MapR 製品の取り扱いを開始 http://www.hadoop-times.com/trend/brainpad-mapr-2015-0616.html http://www.hadoop-times.com/trend/brainpad-mapr-2015-0616.html#comments Wed, 17 Jun 2015 01:33:00 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1851 報道関係者各位

2015 年6 月16 日
株式会社ブレインパッド

ブレインパッド、MapR製品の取り扱いを開始 IoT時代に求められるリアルタイム分析処理基盤の提案力を強化

株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)は、IoT(*1)時代に求められる、ビッグデータ分析処理基盤として、マップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、日本代表:安田 稔、以下MapR 社)が提供する商用Hadoop ディストリビューション(*2)「MapR M5(Enterprise Edition)」「MapR M7(Enterprise Database Edition)」(以下MapR 製品)の取り扱いを正式に開始することを発表します。

MapR製品を利用した、ビッグデータ分析処理基盤のイメージ

MapR製品を利用した、ビッグデータ分析処理基盤のイメージ

すでにブレインパッドとMapR 社による導入実績として、データ分析コンサルティングを提供する株式会社Qubital データサイエンスのデータ分析処理基盤として、150 台のMapR 製品が採用されており、同社内での活用が進んでおります。

ブレインパッドは、データ分析の実務を熟知する立場から、クライアント各社の分析課題に最適な最新のハードウェア・ソフトウェアの販売や環境構築を行うなど、データ分析処理基盤の導入支援を行ってまいりました。

そして現在、IoT 分野が急速に発展する一方でセンシングデータやストリーミングデータによるデータの巨大化と多様化が進み、データ処理速度や簡易性、コスト面などさまざまな課題に対応するべく、データ分析処理基盤の必要性が高まってきております。

このような現状をふまえ、ブレインパッドは、従来のデータ分析処理基盤に加えリアルタイムのデータ分析処理基盤にも活用できる製品として、その高速性・信頼性・運用性の面から、2009 年の米国での設立以来、金融・小売・メディア・医療機関・製造業など700 社以上の企業に導入実績があるMapR製品の取り扱いを開始することといたしました。MapR 製品は、商用Hadoop ディストリビューションの代表的な製品であり、コスト効率がよく、大規模データの高速処理およびストレージを可能にする新しいソフトウェアです。ブレインパッドは、MapR 社と共同で各社への提案を行うなど、MapR 製品の販売活動を強化してまいります。

今後、ブレインパッドは、IoT 時代に向けて効率的かつ効果的なソリューション、サービスの提供を目指し、製品ラインナップの強化を図るとともに、データ分析における企業課題の診断から分析基盤の設計・構築までを行うコンサルティングなどの新たなサービス分野に進出してまいります。

MapR 製品の主な特徴

MapR 製品は、オープンソースである「Apache Hadoop」(*3)に対して、以下の機能を追加・強化しております。

  • 高速性
    • Java のHDFS からネイティブファイルシステムへの再実装によるオーバーヘッドの軽減
    • ダイレクトシャッフルによるシャッフルの最適化
    • 分散Name Node(CLDB)によるボトルネックの解消
  • 信頼性
    • 単一障害点の除去(NameNode, Job Tracker)
    • スナップショットによるデータ保護
    • ミラーリング機能による簡単バックアップとDR
  • 運用性
    • ランダムRead/write 可能なPOSIX 準拠NFS アクセス
    • マルチテナント
    • リニアなスケーラビリティ
    • 大規模データ保持

(*1)「Internet of Things(モノのインターネット)」の略。コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在するさまざまなモノに通信機能を持たせ、インターネットあるいは相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。
(*2)オープンソースである「Apache Hadoop」を、企業向けに機能やサポートを強化したもの。
(*3)Apache は、The Apache Software Foundation の商標です。また、Hadoop は、The Apache Software Foundation の国際登録商標です。

ご参考情報

●マップアール・テクノロジーズについて http://mapr.com/jp
MapR 社はHadoop を駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズグレードのデータプラットフォームを提供しています。MapR 製品は1 つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能をHadoop やNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらし、フォーチュン100 企業やWeb 2.0 企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、700 社以上のお客様にご利用いただいております。MapR 社は米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。MapR M5 は、「MapR Enterprise Edition」の呼称、MapR M7 は「MapR Enterprise Database Edition」の呼称です。

Hadoop 総合情報サイト : http://www.hadoop-times.com/
Facebook : https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter : https://twitter.com/mapr_japan

●株式会社ブレインパッドについて http://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004 年3 月
代表者:代表取締役社長 草野 隆史
資本金:331 百万円(2015 年3 月31 日現在)
従業員数:140 名(連結、2015 年3 月31 日現在)
事業内容:アナリティクス事業/ソリューション事業/マーケティングプラットフォーム事業

お問い合わせ先

●製品・サービスに関するお問い合わせ
株式会社ブレインパッド
ソリューション本部 営業部
TEL:03-6721-7002 e-mail:info@brainpad.co.jp

●本ニュースリリースに関するお問い合わせ
株式会社ブレインパッド
経営企画本部 経営企画部 広報担当
TEL:03-6721-7700 e-mail:pr@brainpad.co.jp

*本ニュースリリースに掲載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

以上

]]>
http://www.hadoop-times.com/trend/brainpad-mapr-2015-0616.html/feed 0
データ活用の現実解と未来への展望 http://www.hadoop-times.com/event/bigdata-front-line-2015-0710.html http://www.hadoop-times.com/event/bigdata-front-line-2015-0710.html#comments Mon, 08 Jun 2015 05:48:31 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1823 bigdata-front-line-2015-0710

~もうここまで来た!ビッグデータ統合・分析・活用の最前線~

今日、増え続けるデータを分析して売上向上/業務改善に積極的に活用しようとする試みが企業で盛んに行われ 効果をあげています。その一方で、分析すべきデータが散在している、技術的なハードルが高い、多額な投資はできない、といった企業のお悩みの声も聞こえています。
日本ユニシスは、これらのお悩みを解決するために、データ統合・分析基盤を支える技術・製品として「MapR(商用Hadoop)」「HP Vertica(DWHソフトウェア)」に着目し、活用実績を増やしています。

本セミナーでは、これらの商品を紹介するとともに、クラウド環境で両商品を組み合わせて、より効果的なデータ統合・分析基盤機能を提供する、新しいサービスをご紹介します。
まだデータ分析に踏み込めていない企業様、すでに行っているが課題を抱えている企業様に、ぜひご紹介したい内容です。

開催概要

日時 2015年7月10日(金)14:00~17:00 (13:30受付開始)  ※開催日前日の15:00までお申込みいただけます。
会場 ベルサール東京日本橋 中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
対象 情報システム部門、経営企画部門、マーケティング部門等の方
主催 日本ユニシス株式会社
共催 日本ヒューレット・パッカード株式会社、マップアール・テクノロジーズ株式会社

 
MapRのセッションは以下になります。
14:20~15:10  【Session1】 データ分析をビジネスに活かす1: Hadoop/NoSQLの活用事例となぜHadoopなのか
データウェアハウス(DWH)が扱うデータ量はここ数年で飛躍的に増大しており、大量データを高速に分析してリアルタイム経営の実現や新しいビジネスの創出など、次なる戦略に反映させていく必要が出てきています。本セッションでは、そのような今日のDWHの課題を解決できる、新たなDWHソフトウェア「HP Vertica」とその活用事例をご紹介します。

詳細、お申し込みはこちら

]]>
http://www.hadoop-times.com/event/bigdata-front-line-2015-0710.html/feed 0
db tech showcase 2015 Tokyo http://www.hadoop-times.com/event/db-tech-showcase-2015.html http://www.hadoop-times.com/event/db-tech-showcase-2015.html#comments Thu, 28 May 2015 05:48:51 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1815 dbts2015tky_logo_rect_black
db tech showcase は、世界中からトップ技術者が集まり、”データベース技術のオモテもウラも語る” をテーマに、最先端テクノロジー、現場で得たノウハウ、活用事例を共有するテクノロジーカンファレンスであり、データベースに携わるすべての技術者に「学び」「気づき」「変化」を提供する場です。

開催概要

3日間でのべ4,000名以上のデータベースに関わる技術者の方々にご参加いただいている、国内最大級のデータベーステクノロジーカンファレンス『db tech showcase』。

今年のテーマは『be crazy about database technology』。データベース技術に夢中になれる90セッション。
さらに、今回はキーノートセッション、エバンジェリスト多数参加のパネルディスカッションもご用意しております。

MapRは今回もdb tech showcaseに参加します。
新しいデータストアの最新情報をキャッチアップしてください。
MapRのセッションは、以下2つです:
11日 14:30-15:20 Session C24
「ポストRDBの時代:RDBだけではない!事例から見るNoSQLの使い方」

11日 15:30-16:20 Session E25
「Apache Drill で JSON 形式のオープンデータを分析してみる」

主催 株式会社インサイトテクノロジー
開催日時 2015年6月10日(水) ~ 12日(金) 09:30~18:30
開催場所 UDXカンファレンス6F 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
参加費 事前参加登録で無料 (当日参加5,000円)
定員 700名
Twitterハッシュタグ #dbts2015

詳細はこちらを御覧ください。

]]>
http://www.hadoop-times.com/event/db-tech-showcase-2015.html/feed 0
MDISとMapR、ビッグデータ活用ソリューションで協業 http://www.hadoop-times.com/trend/cooperation-mdis-mapr.html http://www.hadoop-times.com/trend/cooperation-mdis-mapr.html#comments Thu, 21 May 2015 08:01:54 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1809 mapr-logo
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:牧野 友明、以下MDIS)とマップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、日本代表:安田 稔、以下 MapR)は、本日よりビッグデータ関連分野で協業し、機器やセンサーからのストリームデータのリアルタイム分析等ビッグデータ活用ニーズに応えるべく、IoT分野を中心とするソリューションを強化いたします。

 これまでMDISは、三菱電機グループのITビジネスの中核企業として、幅広い要素技術や事業を持つグループの強みを活かし、センサー情報を収集・分析し照明機器制御や空調デマンド制御を行う省エネシステムや、デマンド情報の分析から電力需要の予測を行うシステム等、様々なデータ活用システムを構築して参りました。

MapRは、ビッグデータを分散処理できるオープンソースの技術であるApacheTMHadoop(R)をベースに、企業におけるミッションクリティカルかつリアルタイムな分析業務への利用を想定したエンタープライズグレードのHadoopやNoSQLを核としたデータプラットフォームを提供しています。

 今回の協業により、MapRはMDISに、MapRのHadoop製品『MapR M5(Enterprise Edition)』並びに、NoSQL製品『MapR M7(Enterprise Database Edition)』、プロフェッショナルサービスを提供します。

MDISは、ラインアップにMapRの製品やサービスを加え、ビッグデータ関連の中でも特にIoTとM2Mの分野において、MapRの特長であるエンタープライズ向けHadoop技術を活かしたソリューションとして、ログやデータを活用した分析や障害予兆検知などの基盤を構築します。また、クラウドサービス向けには、多目的に供する共通のビッグデータ・プラットフォームとして、高信頼なHadoopクラスタの構築を進めて参ります。これらにおいて、設計支援/環境構築サービス、データ移行サービスなどサービスメニューを用意し、データ収集から蓄積、活用までのシステムをワンストップで提供します。

また、両社は共同で積極的なプロモーションを行い、幅広い産業分野でのビッグデータ活用の拡大を目指します。その第一弾として、近日IoTをテーマとしたセミナーを開催する予定です。

■商標関連
・MapRは、MapR Technologiesの米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。
・Apacheは、The Apache Software Foundationの商標です。
・Hadoopは、The Apache Software Foundationの国際登録商標です。
その他、このニュースリリースに記載の社名、製品名等は各社の商標、または登録商標です。

■三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社について
MDISは2001年に設立され、三菱電機グループのIT事業の核として、ITビジネスを推進していくというミッションを担っています。MDISは金融、製造業、社会システムをはじめとする幅広い分野で、システムの企画段階から設計、構築、運用、保守をワンストップでサポートするサービスを提供します。
MDISは三菱電機の研究所やグループ各社、その他パートナー企業と連携しながら最先端の技術でお客様のニーズにお応えします。
ホームページ: http://www.mdis.co.jp

【お客様からのお問い合わせ】
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
 産業第三事業部 営業第二部 第二課
〒108-0023 東京都港区芝浦4-13-23 MS 芝浦ビル
Tel: 03-5445-7704

【報道関係からのお問い合わせ】
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
営業企画グループ(広報担当) Tel: 03-5445-7646
鎌田(kamada-yutaka@mdis.co.jp)、本杉(motosugi-ayato@mdis.co.jp)

■マップアール・テクノロジーズについて
MapRはHadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズグレードのデータプラットフォームを提供しています。MapRは1つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能を HadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらし、フォーチュン100企業やWeb 2.0企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、700社以上のお客様にご利用いただいております。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。
MapR M5は、「MapR Enterprise Edition」の呼称、MapR M7は「MapR Enterprise Database Edition」の呼称です。
ホームページ: http://mapr.com/jp
Facebook   : https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter  : https://twitter.com/mapr_japan

【お客様からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  Email:sales-jp@mapr.com

【報道関係者からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ 広報エージェンシー リードプラス株式会社 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566

]]>
http://www.hadoop-times.com/trend/cooperation-mdis-mapr.html/feed 0
Interop Tokyo 2015 http://www.hadoop-times.com/event/interop-tokyo-2015.html http://www.hadoop-times.com/event/interop-tokyo-2015.html#comments Wed, 20 May 2015 02:14:04 +0000 http://www.hadoop-times.com/?p=1798 bnr234_60

「Interop Tokyo 2015」基調講演にMapR CEO兼共同創業者が登壇

MapRのCEO兼共同創業者のJohn Schroederが来日し、6月12日(金)午後12:20より講演します。
今年からInteropのテーマに加わったIoTを題材に、マーケットや支えるテクノロジーについてお話しします。
是非、会場で最新情報や動向をお聞きください。

詳細はこちら

]]>
http://www.hadoop-times.com/event/interop-tokyo-2015.html/feed 0